Blog

本当に怖い隠れ心臓病!気づかないうちに忍びよる病気です

心筋梗塞と狭心症は隠れ心臓病

心筋梗塞と狭心症は隠れ心臓病とも称されていて、隠れ心臓病による突然死は、睡眠中が一番多く、 そのあと休憩中、排便中に発生しやすいと報告されてます。 怖い隠れ心臓病の先触れとなる症状は階段を駆け上がっていくと胸が痛くなる、息切れがする、脈が変則的になった感じがするなどを意識して下さい。こういった症状というのは、本人が気づかないうちに進行している場合が多いので、常にご自身の体の変調をチェックすることが大事です。

隠れ心臓病の具体的な症状とは

以下のような人はその中でも隠れ心臓病にお気を付け下さい。 過密スケジュールでストレスが多い、緊張状態が続く方・高血圧の人、糖尿病の人、肥満の人、親戚・縁者に心臓病や突然死した人がいる人などです。狭心症と心筋梗塞は両方とも心臓血管の病状ですが、狭心症は心臓の冠動脈がジワジワとやせ細って、 血行が悪くなります。 症状も不定期で胸が痛くなるほどで、時間をおくことで苦痛も治まるなど、 症状が分かりづらいのがマイナスポイントです。 心筋梗塞は血管が塞がることで、心臓の血管を腐らせ、 心筋の壊死を発症させて心臓の動きをストップしてしまうのです。 狭心症よりも心筋梗塞であるほど恐ろしい疾病です。 狭心症の特徴は前胸部に苦痛や圧迫痛があります。 心筋梗塞もそうなりますが、 狭心症については静かにしていたら時間をかけず治まります。 心筋梗塞の特徴は 突如として、手強い胸痛に見舞われて、 痛い時間も30分からと時間が掛かる事が少なくありません。

少しでも変調に気づいたら病院を受診することが予防法

検査方法として狭心症、心筋梗塞どれも問診と検査、心電図、胸部X線検査、血液検査を行なって、疑わしい状態になっているときは精密検査をしていきます。 精密検査の手段は、心エコー検査、24時間(ホルター)心電図、心臓カテーテル検査など です。狭心症と心筋梗塞は、どちらにしても心疾患ですが、狭心症にはニトログリセリンといった薬が効き目がありますが、心筋梗塞にはニトログリセリンの成果はないのです。 心筋梗塞に関しては、薬物療法、手術療法があり、手術療法は非常時性が高レベルなタイミングで行われます。 隠れ心臓病で身体の調子がおかしいと考えたら、 大急ぎで病院を受診されることがこれ以上ない予防です。

心臓の血液が逆流する僧帽弁閉鎖不全症は心臓手術を行う事で症状が解消されますが、その一方で術後の健康管理に気を配る必要があります。高齢者の患者は体力が低いため、薬剤の投与で症状を抑えるのが一般的です。